バンクミケルセン記念財団

N.E.Bank Mikkelsen Memorial Foundation

バンクミケルセン記念財団について

 N.E.バンクミケルセンが1990年に亡くなられた後、彼の知的障がい者に対する情熱とその偉業をたたえ、後世に伝えるため千葉忠夫によって本財団は設立されました。 1991年に記念財団発足の準備作業に入り、1992年デンマーク政府(内務省)からバンクミケルセン記念財団として正式に認可されました。財団の主な活動内容はノーマリゼーションの理念の普及とノーマリゼーションの実践者に対するバンクミケルセン記念賞を授与することです。第1回の授賞式は1994年東京で行われました。

千葉忠夫理事長メッセージ

今年はN.E.バンクミケルセン生誕100周年の年であり
また、1959年法とも呼ばれるノーマリゼーションの理念がデンマークで発表されてから60年になりました。
当時デンマークでは精神薄弱者の生活は大規模施設への収容型で為され、衣食住のみがしっかりと保障されているだけでありました。大規模施設の責任者は精神科医でありましたので精神薄弱者を病人とみなしていたのです。
しかし、1980年代に入ると知的障がい者と呼ばれるようになり病人とはみなさなくなったので施設長も精神科医ではなく生活指導教諭が責任者となりました。同時に大施設は解体され小舎制に移行していきました。
現在は発達に障がいがある者と呼ばれるだけで社会の中で全く同じように自律して生活しています。
即ち、ノーマリゼーションとは何らかの障がいを持った人々の生活条件を、障がいを持たない人々の生活条件に可能な限り近づけると言うことです。
バンクミケルセンはノーマリゼーションはヒューマニゼーション即ち「人間たれ」と私に教えてくださいました。

理事長 千葉忠夫

理事長 千葉忠夫

発足の経緯

千葉忠夫:プロフィール

略歴:1941年東京生まれ。1960年岩手県立一関第一高等学校卒業後、航空自衛隊幹部候補生学校入校(第14期操縦学生)。航空自衛隊に所属しながら東北学院大夜間部英文科に入学、66年卒業、67年航空自衛隊を退職、福祉の勉強を志し、デンマークへ渡航。農家で働くなどして語学を習得し、72年オーデンセ大学に入学。74年ソーシャルワーカー(生活指導教諭)の資格取得後、社会福祉活動を始め、日本からの社会福祉研修生を受け入れる。83年社会不適応青少年の施設,ボーゲンセ生活学園を設立。1997年日欧文化交流学院としてデンマーク文部省から認可、2005年からはデンマークでの正式名を“Nordfyns Folkehøjskole” とし、デンマーク政府の再認可を受けた「国民高等学校」に改組、2011年2月同院長から理事長に就任した。また、1991年にノーマリゼーションの提唱者、N.E.バンクミケルセンの遺志を継いで、N.E.バンクミケルセン記念財団を設立し、同理事長も務める他、2011年6月NPO法人『日本・デンマーク生活研究所』の理事長にも就任した。

理念

世界一幸福な国、社会福祉先進国デンマークに倣って、『真の民主主義』《主権在民=自由+平等+博愛(共生+連帯)》の方程式を、日本にも遅ればせながら取り入れることが出来るよう啓発・普及活動を行い、我が国を世界一『住みよい幸せな国』に改革したい。

関連事業

1.日欧文化交流学院(デンマーク・ボーゲンセ)

 日欧文化交流学院とは、社会福祉・教育・語学・文化等デンマークが世界に誇れるものを、デンマーク社会に学びながら、表面だけでなく、それらを成り立たせている「考え方」も含めて学ぶ学院である。デンマーク政府の認可を受けた国民高等学校として、デンマークの知的障がい者・ダイエットコース・EU諸国やアジア諸国などからの学生も共に学んでいる。学院での生活はまさに各国文化の交流の場といえる。 註:Folke Højskoleはこれまで国民高等学校と訳されていたが、本来は Folkeは国民 Højskoleは大学という意味なので国民大学あるいは市民大学と訳すのが正しい訳となる。

2.N.E.バンクミケルセン記念財団

 当財団法人。ノーマリゼーション『地球上のすべての障がい者の生活条件を障がいを持たない人の生活条件に可能な限り近づける』の提唱者N.E.バンクミケルセン(元デンマークの社会省、社会福祉局長)の遺志を継いで千葉忠夫がデンマークに創設した財団。記念財団の目的は、障がい者の生活、処遇改善などに貢献した人を選び、バンクミケルセン記念賞を授賞すること。授賞式は1994年から日本とデンマークで交互に実施している。

3.NPO法人『日本・デンマーク生活研究所』

 社会福祉先進国デンマークに倣って『真の民主主義』(主権在民)の思想を、日本にも採り入れることが出来るように2008年12月日欧文化交流学院の卒業生を中心に設立された特定非営利活動法人。千葉忠夫が2011年6月に理事長に就任し、日本を『住みよい幸せな国』に造り変えるべくNPO法人活動の活性化を全国展開中である。